noumos blog

語ることって大事

【短い感想】『ティファニーで朝食を』(1961)

過去の名作、今更ながら見てみた。

名作と言われるだけあって、見ごたえがあった。

きらびやかなイメージがあったけど、実際見てみて、全然印象が違っていた。

 

軽く映画の説明。

オードリーが演じたホリーは、男をたぶらかしながらお金を貢がせてその日ぐらし、しかも玉の輿を狙いという、まあこの時点でかなりドロドロした話だなって思うよね。

で、お相手の男ポールも、売れない作家で金持ちのおばさんと不倫&援助交際をしているという、これまたドロドロ。

 

二人とも一見精神的な余裕も教養もありそうな雰囲気だけど、ポールは普通にいい男を最後まで演じる一方で、ホリーは破綻していく。なんだろうね、この違いは。

ポールも少しは小説の筆が進まないことに焦りとかないのか?という疑問は沸いた。こいつ最後まで余裕ありすぎじゃね?正論ばっか吐きやがって、そういうお前はどうなんだ?って思うのは僕だけでしょうか。

それと、オードリー・ヘップバーンの体型が少しと言わずかなりガリガリに痩せ細ってたのが印象的だった。劇中で、田舎からホリーを迎えに来たおっさんが彼女のことを「骨と皮だ」って言ってたけど、あれはどういう意味なんだろうね。 細くてかわいい女性像を押し出そうとしているのか、批判しているのかよくわからなかった。たぶん、斬新なファッションできらびやかにホリーを演出しつつ、方便として「骨と皮」って言ってるんだろうな。個人的には、「かわいい」って言葉自体が僕はそもそも好きじゃないし、今回みたいに媚びてるパターンは特にそう。だから「骨と皮だ」という意見に賛成する。オードリーの出す独特な雰囲気は、別に痩せ細った体型だからあるのではないと思う。

 

あと、おまけみたいな日本人描写は最悪だった。これは差別以外の何物でもない。正直いって冒頭からかなり不愉快な気分になったよ。wikiを見てみたらやっぱり批判されているみたいだ。日本人差別って戦前からずっと根強く残ってるんだなあっていうのがわかって、参考にはなったけどね。

 

ここまで文句を言っておいて難だけど、内容自体はとてもよかった。不愉快な気分がある程度無くなるくらいのパワーはあった。

お金が全てだと思ってる女と、愛のために生きたい男とのせめぎ合い。いまとなってはよくあるパターンになってしまっているくらいの王道の原典。

 

ティファニーは資本主義の象徴みたいに描かれてる。

方便としてサービス精神見せてたけど、でもティファニーはホリーの儚い夢であり、破滅の原因なわけだ。

ここが僕のイメージと全く逆だった。もっときらびやかで楽しーって感じの映画なのかと思ってたから。

しかも、パッケージになってるホリーがティファニーで朝食とってるシーンは劇中になかったのが驚きだった。ないんかいっ!

 

ホリーが飼ってる猫は彼女の立場を象徴する役目を負ってる。この使い方はうまいなぁと思った。

最後にホリーが自分を受け入れる描写を、猫を抱擁することで視覚的に表してる。わかりやすくていいね。

 

例のごとく、曲がよかった。これは『ハチクロ』でも出てくるからいつか聞いてみたかったんだ。これだけでも十分満足だ。


Moon River - Breakfast at Tiffanys

 

広告を非表示にする