noumos blog

語ることって大事

【短い感想】『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』

久しぶりに、TSUTAYAへ行った。ずっと財布にあったタダ券があったので、新作のこの作品を借りてきた。たまにはニューマンドラマ系も見ようかと思って。

 

で、なんかわかるようなわからないようなお話だったので、気になってググって見て、

こちらのブログを読んでスッキリした。

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う - secret boots

邦題のタイトルは、死んだ主人公の妻が残したメモ「If it's rainy, You won't see me, If it'ssunny, You'll Think of me」がもとになってる。「you」は主人公のことで、「me」はメモを書いた妻のことなんだけど、邦題だと主語が主人公になってるから意味が全然違っている。

それ自体はべつにいいにしても、このメモが出てきた時の字幕も邦題のまんまなので、かなり意味不明になってしまっていた。

 

まずはストーリーを追いながら。

冒頭で主人公と妻が交通事故にあい、妻は死に、主人公はほぼ無傷で生き残る。主人公は妻が死んでも泣くことが出来ず、彼女にたいして愛がなかったのだと思い始める。

主人公が鏡に向かって無理に泣こうとするしぐさが印象的だったな。つまり不感症な人間で、自宅の家具なんかもすごくデザインチックで、この時点で、ああ『ファイトクラブ』だなって思った。

 

主人公は、葬儀が終わった次の日も普通に出社して仕事を淡々とこなせちゃうんだけど、そんな自分がおかしいことにもだんだん気づいていく。そこで、いままで気にしてなかったものが気になり始めて、例えばトイレのドアの軋む音とか。だから、いろいろ気になったものを壊し始める。

これは、行動自体は物理的だけど、彼の心を解体していく作業となっている。

また、他人に「妻を愛していなかった」とか「部下の手柄を横取りするのが仕事」とかなんとか、思っていることを正直に話していくんだけど、これがほぼカウンセリングみたいな感じ。あとは音楽を聴いてダンスを踊ったり、『ファイトクラブ』ほど破滅的じゃないけど、一度は何かをぶっ壊さなきゃいけないって言う部分は一緒に見えた。

でも違っているのは、ぶっ壊してからまた組み立て直すっていうところ。最後には、妻への愛に気づいて心から泣くことが出来たし、彼女のために行動できるようになった。ただその行動っていうのが、おしゃれすぎだよ。

 

曲がすごくよかった。


Warmest Regards (Official Version)

広告を非表示にする