noumos blog

noumos blog

語ることって大事

『時をかける少女』 ≪白梅ニ椿菊図≫について

f:id:noumos:20150718005341j:plain

はじめに―まず読み方から

 細田守監督の『時をかける少女』が地上波ということで、今回はずっと疑問に思っていた作中に出てくる架空の絵≪白梅ニ椿菊図≫について記事を書いてみる。

 ≪白梅ニ椿菊図≫は、劇中で未来人の千昭がこれを見るためにやってきたという設定で登場するのだから特に重要なもののはずだ。しかし、この作品に関する言及は、ほとんど成されず、登場する機会もほとんどない。

 それにそもそも、この作品の題名はなんと読めばいいのだろうか。

 「白梅」は、「しらうめ」「はくばい」と読む。尾形光琳の≪紅白梅図屏風≫(こうはくばいずびょうぶ)や、呉春の≪白梅図屏風≫(はくばいずびょうぶ)などがあるから、「はくばい」と読むほうが一般的と言えるだろう。次に「ニ」は、これ漢数字ではなく、カタカナで表記されている。そして「椿」は、「つばき」「ちん」。「菊」は音読みの「きく」しかない。

 以上から本作の題名は、白梅、椿、菊と植物の名称を並列した「はくばいにつばききくず」と呼ぶのが順当と思われる。(追記:映画公開当時の読売新聞記事でもそうルビが振られているのが確認できた。*1

 

 

この絵の設定とか制作秘話とか

 ≪白梅ニ椿菊図≫の設定について簡単に解説すると次のようになる。本作は、東京・上野の東京国立博物館に収蔵され、そこで長年の間、当館の学芸員である「魔女おばさん」こと主人公の真琴の叔母・芳山和子が修復していた。そして、とうとう修復が完了し、当館の「アノニマス―逸名の名画―」という架空の展覧会で展示されているところが劇中のシーンである。

 唯一、本作の素性について劇中で触れられるのは、芳山和子の以下の台詞である。

作者もわからない。美術的な価値があるかどうかも今のところはわからない。〔中略〕この絵が描かれたのは何百年も前の歴史的な大戦争と飢饉の時代。世界が終わろうとしてた時、どうしてこんな絵が描けたのかしらね。

この台詞からわかるのは、作者不詳、制作年代は推定数百年前、当時は大戦争と飢饉の時代であったことだけだ。室町から戦国時代にかけてのことかとなんとなく推察されるが、それにしても情報量が少なすぎるぞ!

 ということで、この作品の制作秘話について触れておこう。「アノニマス―逸名の名画―」では、本作の他にも実在する作品が展示されており、そのために架空の出品リストも作られた。なんでこんなにディティールが凝っているかというと、東京国立博物館の研究員で、日本の近世、近代絵画史が専門の松嶋雅人氏がこの展覧会を監修しているからだ。細田守監督とは金沢工芸美大の同級生で、長年交友を続いているという。

 

 

二つの作品

f:id:noumos:20190305165106p:plain

 本編ではちらっとしか映らないが、≪白梅ニ椿菊図≫の両脇に展示されているのは、≪隠岐配流図屏風≫と≪玄奘三蔵像≫という実在する作品だ。

 では、二つの作品についてそれぞれ見てみよう。

 

f:id:noumos:20190117235417j:plain

玄奘三蔵像≫は鎌倉時代の作で、『西遊記』でおなじみの三蔵法師が描かれている。この絵の場合、中国から砂漠を越えてインド(ガンダーラ)に渡り、多数の経典を持ち帰った人物とされている三蔵法師と、はるばる未来から過去に絵を見にやってきた千秋の姿と重ねられているという解釈ができそうだ。

 細田監督は当初≪隠岐配流図屏風≫を千昭が見にくる絵として構想していたそうだ*2

 

f:id:noumos:20190117235520p:plain

 つぎに、≪隠岐配流図屏風≫(アメリカ、キンベル美術館所蔵)。作者は不詳で、制作年代は室町時代後期。うっすらとかかった金色の雲と打ち寄せる荒波の描写が画面の大部分を占め、右端にポツンと寂しくたたずむ男性が描かれている(よく見えないと思うので、画像をタップして拡大してみて)。

 この作品については、調べてみて面白いことがわかった。東京国立博物館研究員の鷲頭桂氏によると、この絵について「先行研究では『増鏡』の後鳥羽院もしくは後醍醐天皇隠岐配流を描いたものとされてきた」が、本当は「『源氏物語』「須磨」「明石」帖が典拠となっている」という*3。つまり、画面右端で佇んでいる男性は、従来の解釈では島流しにあった上皇、もしくは天皇だったが、実際は都を離れてひっそりと過ごしている光源氏だったのだ。しかも、都を離れた理由が、色恋沙汰が原因での自主謹慎というのだから、これにはなかなか反応に困ってしまう(笑)(「須磨」「明石」はそういうエピソード*4)。

 この鷲頭氏による指摘は映画公開後のものなので、劇中でこの絵は従来の解釈と同様に「島流しにあった高貴な人が描かれた絵」として登場すると考えていいだろう。その場合、未来人の千昭が過去の世界から未来に戻れなくなってしまう状況が、この「島流しの絵」の情景と重なるといった解釈が可能である。しかし、『源氏物語』の絵であるという前提で考えてみると、この解釈には齟齬が生じてしまう。先ほども言ったように、光源氏は自主謹慎というかたちで都を一時的に離れていたに過ぎないからだ。

 もし細田監督の当初の構想通りに千昭がこの絵を見にきていたら、映画の解釈が全然変わってしまう、なんてことになりかねなかったのかもしれない。光源氏=千昭というのは、ファンの人たちにとっては勘弁してくれよ!って感じだろう(笑)高校生の純情な恋物語と、いろいろな女性と関係を持つ『源氏物語』とではギャップが激しすぎる。このように考えると、最終的に架空の作品に変更した監督の判断は、とてもグッジョブな気がしてくる。

 

 まぁそんなところで話を戻しつつ、まとめると、この二つの絵は、それぞれに描かれている男性の姿と、劇中の千昭の姿を重ね合わせることが可能になっている(はずだった)点で共通していると言える。

 

 

そろそろ本題

 では、本題の≪白梅ニ椿菊図≫に注目していこう。細田監督は、トークイベントでこの絵についてかなり詳細を語っているので、絵に描かれた内容を知りたいならその文字起しを読むのが近道だ。

 

Q. 「あの天女の絵は元ネタがあるんですか?」

細田 「あれですね、国立博物館にある「白梅ニ椿菊図」。お答えしますと、元になった絵は特に無いんですよ。最初は絵を見るってことだけを決めてて、どんな絵か探してたんですけど、実在する絵に適当なものは無かったんです。
描いたのはマッドハウス平田敏夫さんで、実はこの方は演出家なんです。『ボビーに首ったけ』とか『はだしのゲン2』とか、最近だと『花田少年史』のオープニングや『茶の味』の最後のアニメの部分とかもされてる。尊敬できる、素晴らしい演出家なんですね。
普通なら日本画家にお願いするんでしょうけど、そこを敢えて演出家の平田さんにお願いした。平田さんの絵って、何かとっても暖かいていうのかな。色んな物を含んでいて暖かさがある。この作中の絵も、描かれた経緯が分からなくても何かが伝わってくるものがあるような絵なんだろうなと思っていたので、平田さんしかいないなと。
ちなみに、この絵は女性の顔らしきものの下に、その下に4つの物が浮いているんですが、これは平田さんによれば「宇宙」だそうです。それをぐるっと龍のようなものが渦巻き状にとり囲んでます。その周囲に実は花があるんですが、それがある種の吉祥性を表しています。周囲の花の方は絵が傷ついていたりして判然としないものになってます。
あとは、絵のタイトルなんですけど、和子があの絵に名前を付けたんです。お寺さんかどこかから持ってきてね。こういう絵の名前は研究者がつけることが多いんです。」*5

 

なるほど。ここでは、この絵に関する情報、とくに制作側の意図を明かしている。制作の裏話や、そうだったのかぁ~となる裏設定など、ファンサービス旺盛である。

f:id:noumos:20150718005341j:plain

 それを踏まえつつ画面に注目してみると、監督が言うように、中心には女性が、胸のあたりに四つの球体を抱擁するように描かれている。その球体は青色で、地球を連想させる(制作者の平田敏夫氏によれば宇宙だそうだが)。女性の周りには、雲(龍?)のようなものが辺りを一周して囲んでいる。よく見るとそれと一緒に花や鳥のような生き物も描かれているが、殆んど同じ色をしているため判別しにくい。タイトルにある白梅や椿、菊がどこにあるのかもよくわからない。

 

 

本当に「何百年も前」の絵なのか?

 以下では、監督が語っていない点として、特にこの絵の描き方に注目していくことにしたい。

 叔母・芳山和子によるとこの絵は、何百年も前に描かれたとのことだが、実際に作品を見てみると、どう見てもここ最近に描かれた作品にしか考えられない。数百年前に描かれたというのはどうもリアリティーに欠けるのである。

 そこで、≪白梅ニ椿菊図≫の表現に時代考証が伴っていないことを確認するために、実際に歴史に残る作品と比較してみたい。もちろん、時代考証が正確ではないことをもって批判する意図はまったくない。狙いは、この作品の異質感を浮き彫りにすることと言えば仰々しいが、特徴的な要素を読み取っていくことにある。

 下に示したのは、今から120年ほど前に描かれた作品。日本画家の狩野芳崖(1828-1888)が死の直前に描き上げた≪悲母観音≫である。芳崖は、近代日本画家の先駆けとして歴史に位置付けられている。この作品は伝統的な日本絵画の技術と西洋絵画の技術を折衷させたやり方で描かれている。

f:id:noumos:20170402203143j:plain

 ≪悲母観音≫の幼児を包む球体を見てもらえればわかりやすいと思うのだが、いくら西洋の画法を取り入れていると言っても、モノの輪郭線的がはっきりしていることがわかる。

 それに対して≪白梅二椿菊図≫では、中央の女性や彼女を囲む雲のようなものは輪郭線がはっきりと描かれている点は同じだが、4つの青い球体は輪郭線があいまいであり、≪悲母観音≫の球体よりもはるかに立体感がある。

 調べたところ、この絵の制作者である平田氏は、武蔵野美術大学油絵科出身である。とすると球体の立体感は、油彩画的な画法に由来していると考えるのが自然だろう。

 また、それらは宇宙のようなものとして描かれたモチーフであるという。宇宙は、まだ科学が発展していない時代においては、宗教的な世界観をもとにして描かれるべきモチーフである。しかし、この4つの球体の描写には宗教的要素は見当たらない。むしろ、SF的なヴィジュアルに見える。

 複数の宇宙の存在を図示するというのは、どこか多元宇宙論の考え方を思わせる。多元宇宙論とは、ザックリいうと、この世界には複数の宇宙が存在し、私たちが存在しているこの宇宙はそのなかのあらゆる可能性の一つであるとする理論である。これは主人公がさまざまな可能性の世界を駆け巡るこの映画のありようとも一致する。

 その一方で、女性やその周りを取り囲む雲のようなモチーフは、はっきりとした輪郭線で描かれており、伝統的な日本絵画の古めかしい雰囲気を醸し出している。このように、この絵には立体的な描写と輪郭線がはっきりした描写が混在しており、統一感がないように見える。

 

 以上のように、SF的な要素と古めかしさとが、図像的にも画法的にも混在しているのが≪白梅ニ椿菊図≫の特徴と言える。このような不可思議な絵が数百年前に描かれていたのだとしたら、それこそオーパーツになってしまうだろう。

 ここまで、≪白梅二椿菊図≫が約百年前すらも歴史を遡れないことを指摘してきた。と同時に、『時をかける少女』という映画が時間の横断を描くように、この絵も画面の中で過去と未来を横断していることも明らかにできたと思う。

 

 

おわりに―紋中紋としての絵

 ≪白梅二椿菊図≫について考察してきたが、それでわかったのは『時をかける少女』は、紋中紋の手法を駆使しているということだ。紋中紋とは、ある主題の中に同じような主題を描き込む、入れ子構造の表現・手法を指す。今回の場合で言えば、『時をかける少女』というフィクションの中に同じような≪白梅ニ椿菊図≫というフィクションが描かれている。このとき、『時をかける少女≪白梅ニ椿菊図≫という構図が浮かび上がってくる。

 では、千昭が≪白梅ニ椿菊図≫という絵を美術館へ見に行くように、『時をかける少女』という映画を映画館へ見に行くのはいったい誰だろうか。それは当然ながら私たちということになるのではないか。

 

 

(最終更新:2019年1月18日)

*1:前田恭二「記者ノート・“時をかける絵”見ましたか」(読売新聞2006年8月31日)

*2:このあたりのことは『日本の美術』2月号(No.489)至文堂 (2007)の、二人の対談で語っているようだけど、私は確認してません。

*3:鷲頭桂「大画面形式の源氏物語図屏風の成立に関する一考察―いわゆる「隠岐配流図」(キンベル美術館蔵)を手かがりに―」http://www.l.u-tokyo.ac.jp/~artist/gakkai2008/presentation/presentation10.pdf

*4:参考サイト 須磨観光協会 - 源氏物語と須磨 http://www.suma-kankokyokai.gr.jp/modules/pico/index.php?content_id=9

*5:渋谷オールナイトのレポート(『時をかける少女』公式ブログ)(魚拓)https://web.archive.org/web/20080119210130/http://www.kadokawa.co.jp/blog/tokikake/2006/09/post_95.php