noumos blog

noumos blog

語ることって大事

考察

【漫画】『恋は雨上がりのように』 青色の雨ってほんとにあるのかな。【最終回】

あなたは雨にぬれるのが好きですか? よく登場人物の心情を表すのに天候が利用されることがある。気持ちがモヤモヤしていれば曇りだったり、怒りが爆発すれば雷が落ちたりする、といった具合だ。『恋は雨上がりのように』(以下、『恋雨』)は、タイトルにも…

【考察】社会諷刺として読む『ダンケルク』

はじめに つい最近、北野武監督がテレビに出て『アウトレイジ最終章』について語っていた。北野監督は、この映画で現代の企業で起こっていることとを比喩的に描いたという。つまり、ヤクザたちを企業の上役やその末端にいる平社員に置き換えれば、そのまま社…

【考察】『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』死のメタファーを読むPart2【感想】

この記事は、後編になります。まだ前編を読んでない人は下からどうぞ。前編でも言いましたが、この記事は、ドラマ版、岩井版の小説、大根版の小説、アニメ映画版のネタバレがあります。 noumos.hatenablog.com

【考察】『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』死のメタファーを読むPart1【感想】

カムパネルラ、また僕たち二人きりになったねえ、どこまでもどこまでも一緒に行かう。 銀河鉄道の夜より はじめに 最初に断っておくと、この記事は最低でもアニメ映画の『打ち上げ花火、下から見るか、横から見るか』と、その原作となったドラマ版を見ている…

【批評】『ドリーム』:「私たちのアポロ計画」でなぜ悪い??【邦題批判への反論】

Hidden Figures | Teaser Trailer [HD] | 20th Century FOX 『Hidden Figures』こと『ドリーム』 今回取り上げるのは、アメリカで2016年12月に公開、日本では今年9月に公開予定の『Hidden Figures』こと『ドリーム』です。まだ日本で見ることは出来ませんが…

【考察】『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 反面教師としての『サンダードーム』

マッドマックス最高(再考)! 今日というか今さっき『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を見てきた。さすがの前評判だけあって素晴らしい出来だった。今回私は、予習として前三作を見ておいたので、それもあって本作を大いに楽しめた。これから本作を見…

『時をかける少女』 ≪白梅ニ椿菊図≫について

細田守監督の『時をかける少女』が地上波ということで、まぁ私は見ないんだけどずっと疑問に思っていた作中に出てくる作品≪白梅ニ椿菊図≫について記事に書いてみよう。 そもそも作品の題名≪白梅ニ椿菊図≫は、なんと読めばいいのだろうか。

【考察】アニメ艦これ 敗戦のトラウマとの戦い

(ちなみに僕は比叡ちゃん推しです) 艦これを読む ブラウザーゲーム艦これ、またそれを原作としたアニメ版艦これを読み解いていくことで、このコンテンツのテーマについて考えていきたいと思う。

【考察】押井守『je t'aime』 愛す、しかし愛されない。

まず思ったのが、これ押井守作品の中で一番直球なんじゃないか?ということだ。 どうやら監督本人の発言によると人間が存在しない世界でも愛は成立するかというテーマのもと制作したらしい。

【考察・解説】『思い出のマーニー』マーニーとは誰だったのか【批評】

『思い出のマーニー』を考える スタジオジブリ『仮ぐらしのアリエッティ』で初監督を務めた米林宏昌監督の最新作『思い出のマーニー』が公開された。ジブリのアニメスタジオは解散の危機とも言われる中で、この映画が言及される際には、当然次のジブリ映画は…